徳島県の賃貸アパート・マンション事情

2019/08/04

徳島県の賃貸アパート・マンションは、県庁所在地である徳島市が最も多く、次いで鳴門市、板野郡、阿南市、小松島市などとなっています。


徳島市は、単身者向けの1K~1DKタイプの占める割合が多いですが、ファミリータイプの2LDK~3LDKタイプも十分探せるエリアです。徳島市の中心部で見ますと、かなり単身向けタイプが多く、ファミリータイプを探す場合は、徳島駅から2km以上離れた方が物件は充実しています。近年では、1LDKの物件が多く建築され、単身で広めのお部屋をお探しの方には物件が充実してきました。


徳島市以外を見ると、1LDK~2LDKの割合が多くなります。構造で見ると、鉄筋コンクリート造の割合は少なく、木造や軽量鉄骨の建物が多くなってきます。鉄筋コンクリート造の建物を探される場合は、徳島市内がおすすめになります。遮音性を重視されるファミリーの方には、一戸建ての賃貸が増えてきましたので、一戸建てを検討されるのも良いと思います。


どのような物件がどのエリアに多いのか、お部屋探しを始められる方は、まず当社までお気軽にお問合せください。



<<戻る